ここから本文です

<交響詩篇エウレカセブン>アニメ誌“御三家”が史上初の連合試写会 劇場版第1部で

8/5(土) 11:00配信

まんたんウェブ

 9月に公開される劇場版アニメ「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1」の試写会が、日本の3大アニメ誌「アニメージュ」「アニメディア」「Newtype」の連合企画として行われることが5日、明らかになった。詳細は、9日発売の3誌で発表される。3誌による連合試写会は初めて。

【写真特集】新機体も公開 劇場版の先行カットも一挙掲載

 「我らの“エウレカ”アニメ誌3誌連合試写会」は、東京と大阪で開催され、3誌合計340人が招待される。東京の試写では、ゲストも登場する予定。

 「アニメージュ」(徳間書店)の川井久恵編集長は「劇場版3部作、本当に楽しみですね。レントンやエウレカにまた会える!(個人的にはホランド推し) 今回、アニメ誌3誌連合試写会ということで、史上初の試みも楽しみです。普段は購入する雑誌も違うでしょうが、たまには読者同士で交流もよいのでは? 映画を見終わった後、皆さんで大いに語り合ってください。語りたいことがありすぎる作品、それが『エウレカセブン』です!」とコメントを寄せている。

 「アニメディア」(学研プラス)の馬渕悠編集長は「アニメージュさん、ニュータイプさん、そして『交響詩篇エウレカセブン』という偉大な作品とご一緒できますこと、光栄に存じます。アニメ3誌が連合で関わる機会は少ないのですが、一昨年までアニメーション神戸賞の選考を3誌で務めておりました。歴史をさかのぼると、2005年の第10回アニメーション神戸個人賞は吉田健一さん(エウレカセブンのキャラクターデザイン担当)が受賞されています」と明かし、「そんな“ご縁”も感じつつ、当時の審査委員長の言葉を借りて、今作も“アグレッシブなチャレンジにあふれる作品”であることを読者の方々と一緒に期待したいと思います」と思いを語っている。

 「Newtype」(KADOKAWA)の角清人編集長は「Newtype編集部に異動してきた際、当時の編集長にどんなアニメが好きかを聞かれ、『エウレカとかですかね~』と言ったのが、すべての始まりだった。『ポケットが虹でいっぱい』(09年公開)では慣れないガイドブック作業で精神的に窮地に陥り、『とりあえず入籍しよう』と思い立ったのも、いい思い出(?)」と振り返り、「そんなエウレカが、帰ってくる。もう期待しかない……というのはうそ。実はほんのちょっとだけ、不安もある。はたして、僕が見たいエウレカなのか? この気持ち、ファンなんだから、仕方ない」と胸中を語っている。

1/2ページ

最終更新:8/5(土) 18:14
まんたんウェブ

Yahoo!ニュースからのお知らせ