ここから本文です

オートモビリティLA、基調講演にインテルとパナソニックCEO…次世代モビリティを語る予定

8/4(金) 15:15配信

レスポンス

ロサンゼルスモーターショーの主催団体は8月3日、今秋開催される「オートモビリティLA」の基調講演に、インテルと北米パナソニックのCEOが登壇すると発表した。

オートモビリティLAは、ロサンゼルスモーターショーのコネクテッドカーエキスポとプレス&トレードデーを統合したもの。自動車業界とテクノロジー業界が、新製品や新技術を発表し、輸送の将来を取り巻く喫緊の問題について議論する。

その基調講演には、インテルのブライアン・クルザニッチCEOが登壇する予定。インテルは最近になって、重点を自動車産業に転換。自動運転車両を開発するために、BMWグループと提携。高度な自動運転の実現に欠かせないビジョンベースの衝突回避システムを手がけるモービルアイの買収も発表した。クルザニッチCEOは基調講演において、次世代モビリティなど、自動車技術産業の将来について、独自の洞察を明らかにする予定。

もうひとり、基調講演に登壇するのが、北米パナソニックのトム・ゲッパートCEO。消費家電製品から、次世代モビリティの自動車システム設計ソリューションまで、パナソニックの要となる役割を担う。パナソニックは最近、車両インテリア設計における専門知識を生かして、コネクテッドカープラットフォームを発表。FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)と提携して、クライスラー『ポータルコンセプト』を発表している。なお、パナソニックがオートモビリティLAに参加するのは、今回が初めてだ。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8/4(金) 15:15
レスポンス

Yahoo!ニュースからのお知らせ