ここから本文です

【ボクシング】WBO新王者・木村翔 ベルト受け取り「重いです!うれしいです」

8/4(金) 18:40配信

東スポWeb

 WBO世界フライ級新王者・木村翔(28=青木)が4日、都内の日本ボクシングコミッション(JBC)でチャンピオンベルトを授与された。

 7月28日(中国・上海オリエンタルスポーツセンター)、北京とロンドン五輪の男子ボクシングライトフライ級金メダリスト・鄒市明(36=中国)を相手に11回2分28秒TKOで金星を挙げた木村。これはJBC公認試合では36年ぶりとなる日本選手による王者の敵地での王座奪取だ。そんな歴史的快挙を果たした木村は、激戦で9針を縫ったという右まぶたにばんそうこうを施して登場。

 木村は届けられたベルトを見て思わず口を大きく開け、驚きを隠せない様子。ベルトを受け取った新王者は「重いです! うれしいです」と、王者となった喜びを改めて爆発させた。ジムの有吉将之会長(43)もベルトを前に「こういうのがあるとジワジワ実感が湧く」とコメント。

 新王者となった木村にはSNSを通じて「励みになった」「感動した」というコメントが殺到したという。世間の反響に木村は「チャンピオンとして、責任感を持って今まで以上に練習しないといけない」と、王者の務めを果たしていくと意気込んだ。

最終更新:8/4(金) 18:40
東スポWeb