ここから本文です

相鉄「そうにゃん」新型電車をPR…山口から神奈川へ輸送

8/4(金) 21:00配信

レスポンス

日立製作所の笠戸事業所(山口県下松市)で製造された相模鉄道(相鉄)20000系電車が8月4日、相鉄かしわ台車両センター(神奈川県海老名市)に到着した。相鉄は今後、各種試験や乗務員の訓練などを行い、12月の営業運転開始を目指す。

[関連写真]

20000系は、神奈川東部方面線の相鉄・東急直通線(2022年度下期開業予定)での運用に対応した新型車両。本年度は10両編成1本の導入が計画されており、このほど1本目の編成が完成した。

今回完成した編成は、JR貨物の機関車がけん引する鉄道車両輸送列車(甲種輸送)として、笠戸事業所から山陽本線、東海道本線、相模線を経由して相鉄の厚木操車場に運び込まれた。厚木操車場からは相鉄のモヤ700系事業用電車がけん引。かしわ台車両センターに到着した。

移動距離は約950km。甲種輸送中、相鉄のマスコットキャラクター「そうにゃん」のぬいぐるみが20000系の運転室に「添乗」し、相鉄の新型車両であることをアピールしていたという。

《レスポンス 草町義和》

最終更新:8/4(金) 21:00
レスポンス