ここから本文です

震災後の東北で生きる人々の暮らし追う「一陽来復」公開日決定、ED曲も発表

8/4(金) 15:03配信

映画ナタリー

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手、宮城、福島で生きる人々の姿を追うドキュメンタリー「一陽来復 Life Goes On」の公開日が、2018年3月3日に決定した。

【写真】「一陽来復 Life Goes On」(他12枚)

2016年夏から2017年春にかけて撮影された本作では、家族を失った夫婦、震災を風化させないための語り部、被曝した牛の世話を続ける牛飼い、新しい漁業を始めた漁師などの暮らしが捉えられている。ナレーションを担当したのは藤原紀香と山寺宏一。「サンマとカタール~女川つながる人々」のプロデューサー・尹美亜が監督を務めた。

このたび本作のエンディング曲が、松任谷由実の楽曲「春よ、来い」のインストゥルメンタルバージョンに決定。さらに、場面写真10点も解禁された。

「一陽来復 Life Goes On」は東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。



(c)2017 Kokoro Film Partners

最終更新:8/4(金) 15:03
映画ナタリー