ここから本文です

日経平均は2日連続下落 マツダ株、資本提携報道で上昇

8/4(金) 15:18配信

朝日新聞デジタル

 4日の東京株式市場で、日経平均株価は2日連続で下落した。日経平均の終値は前日より76円93銭(0・38%)安い1万9952円33銭。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同2・37ポイント(0・15%)低い1631・45。出来高は15億1千万株。

 外国為替市場は対ドルで1ドル=110円台前後と円高に傾き、輸出関連銘柄を中心に積極的な買いを手控える動きが出た。ただ、2017年4~6月期決算で好業績だった銘柄には買いも入った。

 一方、トヨタ自動車との資本提携の報道があったマツダ株には、協業への期待から取引開始直後から買いが集まり、この日の終値は同46円00銭(2・80%)高い1688円50銭で取引を終えた。

朝日新聞社