ここから本文です

カナダで発見された白亜紀の新種恐竜、命名される 現代の生物にも見られる保護色でカモフラージュ

8/4(金) 18:40配信

ねとらぼ

 カナダで2011年に発見された新種の恐竜が、「Borealopelta markmitchelli」と命名されました。1億1000万年前(白亜紀)に生息していたノドザウルスの一種で、体表に装甲を持ちながら、捕食者からカモフラージュする色をしているのが特徴。

【画像】新種恐竜の想像図

 2011年、カナダアルバータ州の採掘機オペレーターが変わった岩層を見つけたことから、非常に保存状態の良い恐竜の化石が偶然発見。ロイヤル・ティレル古生物学博物館のMark Mitchell氏が5年半もの歳月を費やし、化石周辺の岩石を除去する作業を行ったことにちなんで、同氏の名前を冠した「Borealopelta markmitchelli」と命名されました。

 体重が1300キロ以上ある大きな草食恐竜で、背中などが装甲で覆われているのですが、体にはカウンターシェーディングと呼ばれる保護色が。これは現代の生物にもよく見られる現象で、光の当たる部分が暗く、当たらない部分が明るい色になるというもの。ここから研究者らは、「Borealopelta markmitchelli」が他の恐竜に捕食される危険にさらされており、身を隠す必要があったのではないかと推測しています。

 なお、「Borealopelta markmitchelli」の化石は装甲がついた皮膚に加え、生存時の形状まで残っており、「目をちょっと細めれば、恐竜が寝ているように見える」「恐竜界のモナ・リザ」と称されるほど状態が良いそう。研究対象としての価値が高く、ロイヤル・ティレル古生物学博物館は「白亜紀早期の生物に関する理解を変える」存在だとしています。

最終更新:8/4(金) 18:40
ねとらぼ

Yahoo!ニュースからのお知らせ