ここから本文です

モテモテ僧侶が煩悩と闘う「仁光の受難」公開、悶える姿収めた予告編も

8/4(金) 19:00配信

映画ナタリー

バンクーバー国際映画祭など海外の映画祭で上映され話題を呼んだ「仁光の受難」の日本公開が決定。あわせて予告編がYouTubeで解禁された。

本作は、映像ディレクター・庭月野議啓が4年の歳月をかけて作り上げた時代劇。異常なほど女性にモテる謹厳実直な僧侶・仁光が、不思議な少女と出会ったことをきっかけに魔性を開花させていく。仁光を演じるのは「クローズZERO」「野火」の辻岡正人。

第17回東京フィルメックスのコンペティション部門にて日本初上映された本作。予告編では、老若問わず女性にモテまくる仁光が煩悩と闘い悶えるさまや、旅に出た仁光の道中が切り取られていく。

「仁光の受難」は、9月23日より東京・角川シネマ新宿にて公開される。

最終更新:8/4(金) 19:00
映画ナタリー