ここから本文です

大鵬の孫で貴闘力の息子・納谷幸男9・14デビュー「自分の実力で認めてもらう」

8/4(金) 18:21配信

デイリースポーツ

 プロレス団体のリアルジャパンは4日、都内で会見を開き、9月14日の東京・後楽園ホール大会で元横綱大鵬の孫で元関脇貴闘力の息子である納谷幸男(22)がデビューすると発表した。

 偉大な力士の遺伝子を受け継ぎ、身長197センチ、体重130キロと恵まれた体格を持つ幸男は、中学、高校で相撲を経験し、卒業後の13年3月にリアルジャパンを主宰する初代タイガーマスクの佐山聡氏の道場に入門。リアルジャパン所属のスーパー・タイガーの試合を見たときに、「これがプロレスなんだ、すごいな」と感じてプロレスを志した。15年には重い病で手術を受けて1年間療養する苦難も乗り越え、ようやく迎えたデビューの時。「父、祖父があれだけ偉大な人物で、その名前ばかり先行しないように、自分の実力で認めていただけるような選手になりたい」と意気込みを示した。

 師匠でリアルジャパンを主宰する初代タイガーマスクの佐山聡氏は「よくウチの厳しいトレーニングに耐えてこられた。さすがに素質を持っている。右の蹴りを見てビックリしました。腰が入った重たい蹴り。そして、レスリングの力がある。柔軟性のある体は、おじいちゃんを引き継いでいる」と、幸男の能力に太鼓判。さらに、「秘密です」と話しながらも、幸男の体に合った2つの必殺技「5ストーリーズホールド」と「アルバトロス」を習得させることを明かした。

 「(祖父に)ようやくデビューできます、という報告をしたい。(祖父からは)『ちゃんとやれよ』と言われると思います」と言う幸男。祖父に言われた言葉では「謙虚でやれ」が一番大事だと思っている。自己主張の能力が求められるプロレスで貫くのは難しいことと思われる。それでも、「自分の気持ちの中ではずっと謙虚で」と、教えを守って戦い続けるつもりだ。