ここから本文です

浅田真央さん、ケーキ屋に適性?「食べるのがもったいない」本職もお墨付き

8/4(金) 20:26配信

デイリースポーツ

 フィギュアスケート元世界女王で4月に現役引退を発表した浅田真央さん(26)が4日、名古屋市内で行われたアイスショー「THE ICE」に出演した。ハーフタイムには愛知県県民栄誉賞、名古屋市特別スポーツ功労賞の表彰式が行われ、名古屋市からは副賞として市内の老舗洋菓子店「フィレンツェ」による巨大な特製ケーキをプレゼントされた。

【写真】真央に世界中から愛の寄せ書き 「いなかったら今のスケート界はない」

 氷上で数々の名演を披露してきた希代のスケーターにふさわしい華々しいケーキが完成した。同店の尾藤和矢チーフによれば、構想も含めて製作期間は1カ月。スケートリンク上に花束が投げ込まれたイメージのピンクの土台に、中央にはチョコレートでつくったスケート靴が置かれている。また、真央さんが自然素材への関心が高いことからフェアトレードで仕入れた商品を使用し、見た目にも中身にもこだわった自慢の逸品となった。

 特製ケーキと初対面した真央さんは「かわいい!ピンク色が好きなので、下がピンクで上はスケート靴でスペシャルな感じ。食べるのがもったいない」と大絶賛。「食べる前に写真を撮って、あとでみんなで食べたい」と顔をほころばせた。

 特製ケーキがつくられる伏線となったのは、4月の引退会見。「(生まれ変わったら)ケーキ屋さんとか、カフェとか、レストランだったりをやっていたのかな」という発言だった。

 真央さんのケーキ職人としての適性について“本職”もお墨付きを与えた。同店の小島佑助社長は「素質はありますよ」と断言。以前、真央さんが手作りしたケーキの写真を目にしたらしく、「ネットで見ましたけど(上手だった)。ぜひ色んなケーキを創作してもらいたい」と太鼓判。「(アルバイトに応募してきたら)特別に採用しないといけないな」と笑った。

 次のステップに注目が集まる真央さんだが、この日は明言しなかった。「『THE ICE』が終わってからが本当のスタートになるけど、やりたいことや勉強などをやっていきたい」と話した。