ここから本文です

サニブラウンが自己ベストタイの10秒05、組トップで準決勝進出

8/5(土) 4:38配信

デイリースポーツ

 「陸上・世界選手権」(4日、五輪スタジアム)

 男子100メートル予選(上位24人=各組3着まで+タイム上位6人が準決勝進出)が行われ、日本選手権王者のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=は、自己ベストタイとなる10秒05のトップで、5日の準決勝進出を決めた。

【写真】多田修平は50メートルまでボルトを先行!

 11年大会金メダリストのヨハン・ブレーク(ジャマイカ)と同組となったサニブラウンだったが、好スタートから一気に加速し、そのままブレークらを抑えてゴールを駆け抜けた。

 「ちょっと寒かったんで、心配だったけど、身体は動いたんで良かった」と、ホッとした表情で話した。2度目の世界大会だったが、緊張もなく「逆に緊張感がなくて大丈夫かなと思った」と、大物ぶりを発揮。ブレークの存在にも「自分は自分なんで、自分のレースに集中していた。それが良かった」と、キッパリ。日本人初のファイナル進出と、9秒台の期待が懸かる準決勝に向け「ここから切り替えていきたい」と、力強く語った。