ここから本文です

【MLB】ロッキーズ、4四死球での押し出しで労せずサヨナラ勝ち

8/4(金) 14:26配信

ISM

 コロラド・ロッキーズは現地3日、地元でニューヨーク・メッツと対戦。同点の9回裏に4四死球による押し出しで決勝点が入り、5対4のサヨナラ勝ちを収めた。

 ロッキーズは4対4で迎えた9回裏、先日に獲得したばかりのジョナサン・ルクロイ捕手がメッツのハンセル・ロブレス投手に死球をぶつけられて出塁。犠打と敬遠四球で1死一、二塁となると、DJ・ルメーヒュー二塁手も四球を選んで満塁とし、最後はノーラン・アレナド三塁手がフルカウントから押し出し四球を選んで労せずサヨナラ勝ちとなった。

 新天地デビュー戦で、思わぬ形でのサヨナラホームインを果たしたルクロイ。「(イニングの)先頭だったからとにかく出塁しなければならなかった。相手投手が自分にぶつけた後、コントロールを乱すかもと思ったが、そのとおりになったね」と語った。

 また、カウント0-2から4球連続でボールを選んだアレナドは、「大きいのはいらない、必要なのは外野へ打球を飛ばすこと、そうすればこのゲームに勝てるからと自分に言い聞かせていた」と、自身初のサヨナラ押し出し四球を振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:8/4(金) 14:26
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/27(水) 7:55