ここから本文です

【NBA】クリッパーズのP.ビべリー、トレード要求を叶えたロケッツに感謝

8/4(金) 17:09配信

ISM

 6月に行われたクリス・ポールが絡む大型トレードで、ヒューストン・ロケッツからロサンゼルス・クリッパーズへ移籍したパトリック・ビべリーが、自らトレードを球団に申し入れていたことがわかった。米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが現地3日に報じた。

 この日公開のポッドキャスト番組『The Woj Pod』に出演したビべリーは、『ESPN』の記者に対し、自分のスキルを発揮でき、より大きなチャンスがある球団への移籍をロケッツに希望していたことを明かした。そして、一蹴されてもおかしくない要求だったにも関わらず、それを叶えてくれた古巣への感謝と敬意を示していたという。

 ビべリーはさらに、ジェームズ・ハーデンとポールのスターガード同士が新たにコンビを組むことに言及。2人はかみ合わないのではという懐疑的な声もあるなか、ビべリーは「うまく機能する」と断言した。その理由として、ハーデンとポールはいずれも優勝を渇望しており、そのためには自身を犠牲にする選択をするはずだとしている。

 同選手はまた、昨オフにケビン・デュラントを獲得したゴールデンステイト・ウォリアーズにも触れ、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソンらが献身的にプレーしたことで同球団は優勝を果たしたとの持論を展開。ポールが32歳であること、また今オフにロケッツとの契約を延長したハーデンに大きな期待が寄せられていることを踏まえれば、ウォリアーズのように2人も機能するはず、と語っていたという。

最終更新:8/4(金) 17:09
ISM