ここから本文です

マカオ治安警察局、規律違反の警察官127人処分…勤務時間中に持ち場を離れる

8/4(金) 11:30配信

マカオ新聞

 このほど、マカオ保安庁長官事務所が、昨年(2016年)の旧正月連休5日間の勤務時間中に治安警察局所属の多数の警察官が持ち場を離れていたとされる不祥事について、調査の結果、127人を規律違反で処分したと発表した。

 治安警察局長が今年(2017年)6月末に該当する警察官に処分を通達し、すでに異議申し立て期間が終了したとのこと。

 今回の不祥事は治安警察局の内部調査で発覚したもの。監視カメラ映像などを分析した結果、多数の警察官が持ち場を離れてパントリーや宿直室などの施設に出入りしていたことがわかり、150人の警察官を対象に調査が実施されたという。

最終更新:8/4(金) 11:30
マカオ新聞