ここから本文です

豪州代表スコッドに新顔7人! 新主将はフーパー、副将にゲニアとフォーリー

8/4(金) 16:05配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 オーストラリア代表のマイケル・チェイカ ヘッドコーチは8月4日、今月19日からおこなわれるザ・ラグビーチャンピオンシップ(南半球4か国対抗戦)およびブレディスローカップ(ニュージーランド代表との伝統の戦い)へ向け、スコッド34名を発表した。

南北クラブ混在グローバルリーグ誕生! SRから除外の南アチーム、北半球へ

 ラグビーリーグ(13人制)から転向してきたWTB/CTBカーティス・ロナとWTBマリカ・コロインベテを含め、ノンキャッププレーヤーは7人。20歳のHOジョーダン・ウエレセも招集され、今年限りでの代表引退を表明した前主将のスティーブン・モーアらとポジションを争う。
 LOアイザック・ロダ、FL/NO8アダム・コールチック、CTBビリー・ミークス、WTB/CTBアイザイア・ペレセも初キャップ獲得を目指す。
 サントリーサンゴリアスに新加入した20歳の長身CTBキャンベル・マグネイはトレーニングスコッドに入っていたものの、最終メンバーには選ばれなかった。

 モーアからバトンを受け取り新しいキャプテンに就任したのは、25歳で68キャップを持つFLマイケル・フーパー。副将にはSHウィル・ゲニアとSOバーナード・フォーリーが選ばれた。

 6月テストシリーズの選考から外れていたベテランLOのロブ・シモンズとケイン・ダグラス、怪我を克服したFLショーン・マクマーンは代表復帰。
 その一方で、ブランビーズ主将のLOサム・カーターは落選した。

 ワスプス(イングランド)で1シーズンプレーしたあと古巣のワラターズに戻ってきた万能BKのカートリー・ビールもスコッド入りし、2015年ワールドカップ決勝以来のテストマッチに臨む。

 今季スーパーラグビーでのパフォーマンスが悪かったレッズ司令塔のクウェイド・クーパーはトレーニングキャンプにも招集されず、PRジェームズ・スリッパーやCTB/FBカーマイケル・ハントなどは負傷しているため選考外となった。


<2017 The Rugby Championship / Bledisloe Cup ワラビーズ>

【PR】
アラン・アラアラトア(ブランビーズ)、スコット・シオ(ブランビーズ)、テテラ・フォークナー(フォース)、セコペ・ケプ(ワラターズ)、トム・ロバートソン(ワラターズ)

【HO】
タタフ・ポロタナウ(フォース)、スティーブン・モーア(レッズ)、ジョーダン・ウエレセ(レベルズ)

【LO】
ロリー・アーノルド(ブランビーズ)、アダム・コールマン(フォース)、ケイン・ダグラス(レッズ)、アイザック・ロダ(レッズ)、ロブ・シモンズ(レッズ)、ネド・ハニガン(ワラターズ)

【LO/NO8】
ロペティ・ティマニ(レベルズ)

【FL/NO8】
アダム・コールチック(レッズ)、ジャック・デンプシー(ワラターズ)、マイケル・フーパー(主将/ワラターズ)、ショーン・マクマーン(レベルズ)

【SH】
ウィル・ゲニア(副将/所属未定)、ジョー・パウエル(ブランビーズ)、ニック・フィップス(ワラターズ)

【SO】
バーナード・フォーリー(副将/ワラターズ)

【CTB】
テヴィタ・クリンドラニ(ブランビーズ)、ビリー・ミークス(フォース)、サム・ケレヴィ(レッズ)

【WTB/CTB】
カーティス・ロナ(フォース)、アイザイア・ペレセ(レッズ)

【WTB】
ヘンリー・スペイト(ブランビーズ)、マリカ・コロインベテ(レベルズ)

【WTB/FB】
デイン・ハイレットペティ(フォース)

【FB】
イズラエル・フォラウ(ワラターズ)、リース・ホッジ(レベルズ)

【Utility BK】
カートリー・ビール(ワラターズ)