ここから本文です

ボーイング787-8、18時間かけてアメリカ上空に巨大航空機を描く

8/4(金) 8:51配信

sorae.jp

ボーイングは中型ジェット機「ボーイング787-8 ドリームライナー」を利用し、その航路でアメリカ本土上空に巨大な航空機のイラストを描くという、なんとも遊び心あふれる飛行を行いました。

このボーイング787-8 ドリームライナーを描くのには、なんと18時間1分という長時間の飛行が必要でした。上空を通過したのは22州にものぼり、その左翼はテキサス州、右翼はミシガン州にまで達しています。また航空機のノーズはボーイング・コマーシャル・エアープレーンの本社を指し示しているそうです。
 
この飛行はただのお遊び……という側面もなくはないのかもしれませんが、一応「787 ドリームライナー」の航続距離の長さをアピールしているそうです。また航路は、Flight Awareなどの航空機の航路を確認するウェブサイトで閲覧することができます。

最終更新:8/4(金) 8:51
sorae.jp