ここから本文です

舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』がブロードウェイに

8/4(金) 19:31配信

ELLE ONLINE

ハリー・ポッターシリーズの最新作『ハリー・ポッターと呪いの子』。『ハリー・ポッターと死の秘宝』の19年後が舞台となっていてハリー・ポッターの子どもたちの世代が登場することでも話題になった。この舞台が来年4月からブロードウェイで上演されることが決定した。

【写真】みんな大好きエマ・ワトソンが、美少女から美女になるまで

またブロードウェイでのキャストも明らかに。主要メンバーはロンドン版と同じ! 大人になったハリーはジェイミー・パーカー、ハーマイオニーはノーマ・ドゥメズウェニ、ロンはポール・ソーンリーが演じる。映画版ではエマ・ワトソンが演じたハーマイオニーを、アフリカ出身のノーマが演じたこともロンドン上演時には話題になった。

またハリーの息子アルバス役のサム・クレメット、ドラコ・マルフォイの息子、スコーピウス役のアンソニー・ボイルも続投。サムとアンソニーはロンドン版で知名度と人気がアップした注目株。ブロードウェイの舞台に立つことで、さらに人気がアップすることは間違いなし!

イギリスでは演劇界で最も権威のあるローレンス・オリヴィエ賞を9部門受賞、オリヴィエ賞の最多受賞記録を樹立するなど、高く評価されたこの舞台。エマ・ワトソンが観劇しSNSで絶賛していたことも手伝って、チケット争奪戦となっていた。アメリカではどんな旋風を巻き起こすのか、続報にも要注目!

(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:8/4(金) 19:31
ELLE ONLINE