ここから本文です

鳥栖、ホーム・清水戦で初の連勝狙う 前節・広島戦では今季初アウェー勝利

8/4(金) 11:02配信

佐賀新聞

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第20節の5日午後7時から、佐賀県鳥栖市のベストアメニティスタジアムで清水エスパルスと対戦する。敵地初勝利を挙げた勢いそのままに、初の連勝をつかみたい。

 鳥栖は通算成績7勝6分け6敗(勝ち点27)の10位。前節・広島戦は後半にFW趙東建(チョ・ドンゴン)が挙げたゴールを守り抜いた。MF高橋は「長い中断期間を経て勝ったことが一番大きい」と振り返る。

 清水は5勝7分け7敗(勝ち点22)の12位。前節は横浜Mを相手に2度追い付き、2-2で引き分けた。8得点を挙げているFW鄭大世(チョン・テセ)は横浜M戦で同点弾を放っており、決定力を警戒したい。

 広島戦ではDF藤田が10試合ぶりに先発出場。フィッカデンティ監督は「コンディションのいい状態の選手を使おうと常に思っている」と語り、長丁場のシーズンを戦い抜くため総力戦が必要なことを強調する。

 今季初の連勝を目指す一戦。得意のホームが舞台で、前節のヒーロー趙東建は「もっと上の順位に押し上げていかなければならない」と必勝を誓う。DF吉田は「2、3点目を取るために、前線の選手を助けたい」と積極的な攻撃参加に意欲を見せる。

最終更新:8/4(金) 11:02
佐賀新聞

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合