ここから本文です

極楽山本、10年ぶりの大仕事。『ドキュメンタル』シーズン3開始

8/4(金) 21:08配信

Stereo Sound ONLINE

Amazon×松本人志の人気バラエティ、体験イベント開催

 Amazonの動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」で、ダウンタウン松本人志が手がけるバラエティ『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』のシーズン3の見放題独占配信が、8月2日よりスタートした。
 
 『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』は、10名の芸人たちが各々100万円の参加費を払った上で、密室に集いお互いを笑わせ合うサバイバルゲーム。制限時間は6時間。笑いを仕掛けあい、耐え抜き、最後まで残った1人が賞金1000万円を獲得するというルールのもと戦いが繰り広げられる。

他の写真も見る

 本シリーズは、日本Amazonランキング大賞の2017年上半期、プライム・ビデオ総合部門でシーズン1が1位、シーズン2が3位にランクイン。Amazonプライム・ビデオを代表する人気コンテンツとなっている。

 シーズン3に参加する10名の芸人は以下の通り。

・山本圭壱(極楽とんぼ)
・木下隆行(TKO)
・ケンドーコバヤシ
・くっきー(野性爆弾)
・後藤輝基(フットボールアワー)
・伊達みきお(サンドウィッチマン)
・秋山竜次(ロバート)
・春日俊彰(オードリー)
・レイザーラモンRG(レイザーラモン)
・岩橋良昌(プラス・マイナス)

 そして本日のシーズン3配信開始を記念し、東京・秋葉原のアキバシアターにて第1話を上映する体験イベントが開催された。上映後には、シーズン3の参加者から山本圭壱さん(極楽とんぼ)、ケンドーコバヤシさん、岩橋良昌さん(プラス・マイナス)の3名がゲストとして登場。ドキュメンタルに挑んだ思い出を語った。

 ドキュメンタルの出演が決まったことに、山本さんは「松本さんからの招待状が届いたことに驚いた。しかし断る理由はまったくない。約10年ぶりの大仕事だけど、今はオファーが来た仕事を順番に全力で、“その日死んでもいい”という気持ちで頑張っている」とコメント。ケンドーコバヤシさんに「何かあったんですか!? ずいぶん真摯になりましたね!」とつっこまれ、苦笑していた。

 山本さんは「ドキュメンタルに出るって相方の加藤にも相談したんですよ。そしたらアイツ、“んなもん……やるっきゃねぇだろ。やるっきゃ……!”しか言わない。何の役にも立ちやしない(笑)」と回想した。

 ケンドーコバヤシさんは、「笑ってしまったら負けなドキュメンタルに向け、あらかじめ誰かに笑い疲れさせてもらおうとしたんです。しかし頼んだ相手がネゴシックス。ちっとも笑えない。ありゃあ失敗でしたわ!」と自身の失策を嘆いた。

 岩橋さんは「他の参加者の皆さんに比べて自分は知名度が低い」とし、「勉強できないのに難関校の入試に迷い込んでしまった気分だった」と例えた。するとケンドーコバヤシさんが「芸人としての知名度・上下関係なんて関係ない! あ、これ収録当日に言ってあげればよかったな」と男気を出しつつ反省していた。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:8/4(金) 21:26
Stereo Sound ONLINE

Yahoo!ニュースからのお知らせ