ここから本文です

県立高校再編 町村会「慎重な議論を」/富山

8/4(金) 10:04配信

チューリップテレビ

 このように慎重な意見が多い新川学区に対して、富山学区では「再編を進めるべき」という意見が大半を占めるなど、学区ごとの温度差が大きくなっています。
 そんな中、県町村会は、石井知事に対して、高校再編は「自治体の将来のあり方を決定づける」とより一層慎重な議論を求めました。
 県町村会会長をつとめる舟橋村の金森(かなもり)村長は、町村会の総意として、石井知事に高校再編についての要請書を手渡しました。
 金森村長は、「高校再編は自治体の将来のあり方を決定づける、早急に結論を出すことは、将来に禍根を残す」と述べて、慎重でオープンな議論を求めました。
 これに対して、石井知事は、理解を示す一方で、「高校がなくなったから、地域の活力が、失われるわけではない」と、高校生にどんな教育を提供するかを一番大事にしたいとの考えを示しました。

チューリップテレビ