ここから本文です

UVERworld CAを目指すリスナーに「お互い頑張ろう!」

8/4(金) 20:02配信

TOKYO FM+

UVERworldのTAKUYA∞さん(Vo)と真太郎さん(Dr)が、8月1日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。2日リリースのニューアルバム『TYCOON』にちなみ、リスナーから寄せられた「将来TYCOON(大物)宣言」を紹介しました。その中から、大学2年生の女子リスナー(19歳)とのやり取りを紹介します。

【リスナーの将来“TYCOON”宣言:世界中を飛び回って、色んな国の人と話します!】

とーやま校長「いいね! これはどういうこと?」

リスナー「中学生の時にオーストラリアに研修に行って、高校3年の時にはタイに行ったんですけど、そこから海外に興味を持ち始めたんです。それで海外を飛び回る仕事は何かなって考えた時に『CAだ!』と思って、CAになって世界中を飛び回りたいです!」

あしざわ教頭「キャビンアテンダントね!」

真太郎「いいですね」

とーやま校長「具体的にやり始めてることとかあるの?」

リスナー「今、大学でドイツ語を専攻していて、英語は第二言語でとっています。とにかくたくさんの言語を学ぼうと勉強しています。それで来年はドイツに1年間留学するんです」

とーやま校長「すごいね。で、色んな人と話をしたいっていう大きな野望があるわけか」

リスナー「はい!」

とーやま校長「TAKUYA∞先生は、海外はどうですか?」

TAKUYA∞「憧れはすごくあります。でも自分は日本で日本語でやってるんで、とにかく日本人へと思っています。それをやりきれたと思ったら、やっぱり自分も世界中の人に届けたいなと思います。例えばブラジル人に、日本語をリアルタイムで字幕みたいなものを出してMCやライブができないかなとか、そういう考えがあるにはあるんですよ。やっぱり世界中でっていう憧れはあります」

とーやま校長「へ~! 真太郎先生、19歳ですごくないですか?」

真太郎「僕も海外とか行くと、意思疎通というか、ちゃんとこういう人たちと会話ができると友達がめっちゃ増えそうやなって思います。それこそ、英語、ドイツ語、フランス語とか、いつも思うんですけどね。……全然勉強しないです」

あしざわ教頭「思いはするんですけどね(笑)」

とーやま校長「それをもう、19歳という若い時からできているっていうのはすごいね」

1/2ページ

最終更新:8/4(金) 20:02
TOKYO FM+