ここから本文です

【インタビュー】山田裕貴、元カノ役を相手に緊張!? 『闇金ドッグス6』シリーズ初のラブストーリー

8/4(金) 19:52配信

トレンドニュース(GYAO)

裏社会を描いた映画『闇金ドッグス6』が8月5日より公開される。主演を務める俳優・山田裕貴は近年、話題作に立て続けに出演している注目の存在。その急上昇には、彼が同シリーズの闇金屋・安藤忠臣役を演じたことも一役買っているらしい。

【予告編映像】『闇金ドッグス6』>>

■最新作は「最凶の純愛」を描いた、シリーズ初のラブストーリー!

もともと『闇金ドッグス』シリーズは、不良アクション映画『ガチバン』シリーズの登場キャラクター・安藤を主人公に据えたスピンオフ作品。安藤(山田裕貴)と、その相棒である須藤司(青木玄徳)を中心にアンダーグラウンドの世界を描いている。今回公開される『闇金ドッグス6』は、安藤の元恋人・荒木未奈美(西原亜希)が登場し、シリーズ初のラブストーリーとなった。

「とにかく、『闇金ドッグス』でラブストーリーというのは驚きでした(笑)。しかも現場で自分は“安藤忠臣“として生きているので、忠臣にとって昔の恋人である未奈美が隣にいると、なんとなくやりづらさみたいな緊張もあって......。妙に何度もタバコに手が伸びちゃったりね(笑)」

シリーズ初の恋愛モノと言っても、安藤の未奈美に対する思いは、単純な恋愛感情と言いづらいように見える。

「忠臣はそういう普通の世界で生きちゃいけない人だし、幸せなんて求めちゃいけないって本人もたぶん思っているんです。未奈美に対しては、好きとかじゃなくて、『そんな普通の人生も送れたのかな』と淡く想像してみただけだと思います。だから、ちょっと切ない感じの物語になっています」

■お気に入りのセリフは......「バカ」

登場人物たちのさまざまな思いが入り混じるところが、本作の魅力。山田のお気に入りは、その感情のグラデーションを象徴するようなシーンだ。

「未奈美と言い合いになってしまった後に、忠臣が『バカ』とつぶやくシーンがあるんです。その『バカ』が、いろんな経験をしてこないと出てこない『バカ』だなって、われながら思いました(笑)。あいつは変わんねーなという思いと、まだそんなこと言ってんのかよという思いと、俺とおまえは違うんだよという思いと、いろんな思いが詰まった『バカ』。あのトーンで、あの『バカ』を出せるなんて、僕もいろんなことを経験してこられたみたいです(笑)」

1/3ページ