ここから本文です

大原櫻子 新曲は秦 基博プロデュース「“ファンなんです”と言えず……」

8/4(金) 20:02配信

TOKYO FM+

大原櫻子さんが8月3日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、8月9日リリースのニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」や、今後のライブについて聞きました。

――8月9日に、ニューシングル「マイ フェイバリット ジュエル」をリリース!

とーやま校長「素敵な曲ですよね。曲を聴いていて“本当にそうだな”って思ったんです。インパクトがあることも大事ですけど、毎日生活していてそんなことが常にあるわけでもないじゃないですか」

大原「そうなんですよ。小さな幸せがたくさん日常には転がっていて。この曲を聴いて、見落としていたことに気づくというか、小さな幸せに気づいていただきたいなって思うんです。そしたら、大きな幸せにつながるんじゃないかな。そんなメッセージが込められているんです」

とーやま校長「普段から幸せに囲まれているってことですよね」

大原「本当にそうですね」

とーやま校長「今回の楽曲は、コラボされているじゃないですか」

大原「そうなんです。秦 基博さんが、作詞作曲プロデュースをしてくださって。レコーディングまで来ていただきました!」

とーやま校長「これはどういう経緯で? 秦先生の胸ぐらを掴んで“やってくれや!”って言ったんですか?」

大原「掴んでないです!(笑)」

とーやま校長「でも、オラオラで頼んだんでしょ?」

あしざわ教頭「櫻子先生を何キャラにしたいんですか(笑)」

大原「やめてもらっていいですか(笑)。もともと、音楽番組でご一緒させていただく機会も多かったんですけど、私、『ひまわりの約束』という楽曲が大好きなんです。そしたら、『ひまわりの約束』を一緒に歌わせていただける機会がありまして、本当は心の中で“めちゃくちゃファンなんです!”って思っていたんですけど、言えず……」

とーやま校長「好きすぎて……かな?」

大原「そうなんですよ。コラボはそこで終わってしまったんですけど、その後も番組でご一緒する機会が多かったんです。それで、1年くらい前から色んな方が作った曲を今後は歌っていきたいなって思い始めていたら、秦さんが楽曲提供をしてくださるっていうお話をいただいたんです! 秦さんとはそんなにお話できていなかったですし、まさか提供していただけるとは思っていなくて嬉しかったです」

とーやま校長「改めて、櫻子先生にとってどんな曲になりましたか?」

大原「秦さんの匂いがすごくある1曲ですね。優しくて前向きなんだけど、憂いや悲しさもあるところが秦さんぽいなあと思って。そんなところも聴いている方に届いたら嬉しいです」

1/2ページ

最終更新:8/4(金) 20:02
TOKYO FM+