ここから本文です

吉田類さんに第2号・酒マイスター委嘱 「福島の酒おいしい」

8/4(金) 10:57配信

福島民友新聞

 「ふくしまの酒まつり」の開幕式典に続き、県産日本酒の魅力を国内外にPRする「ふくしまの酒マイスター」の委嘱状交付式が行われた。内堀知事が第2号のマイスターに酒場詩人として知られる吉田類氏を委嘱した。
 吉田氏はテレビ番組「吉田類の酒場放浪記」などで活躍。県内の日本酒関連のイベントにも積極的に参加している。
 吉田氏は「福島県の酒は、僕ものめり込んでしまうくらいおいしい。新橋にもおいしい福島の酒を出す店がたくさんある。ぜひ飲んでもらいたい」とアピールした。
 第1号は、国際ソムリエ協会長の田崎真也氏で、今年4月に委嘱された。マイスターはそれぞれの活動や会員制交流サイト(SNS)などを活用したPR、県主催イベントへの参加などを通し、県産日本酒の魅力を広く伝える。

福島民友新聞

最終更新:8/4(金) 10:57
福島民友新聞