ここから本文です

村田久武、WECトヨタの新チーム代表&TMG社長に就任

8/4(金) 18:07配信

motorsport.com 日本版

 トヨタは、8月1日(火)より新たに村田久武がドイツケルン市に拠点を構えるTOYOTA GAZOO Racing (WEC)チーム代表並びにTOYOTA Motorsport GmbH(TMG)社長に就任したことを発表した。

 新社長となる村田は、2006年に初めて専用ハイブリッド車両でレースに挑戦し、2012年からトヨタが参戦することになったFIA世界耐久選手権(WEC)におけるレース用ハイブリッドパワートレーン開発を率いてきた。

 2015年4月からTOYOTA GAZOO Racing(WEC)チーム代表、並びにTMG社長として職務に携わってきた佐藤俊男は、トヨタ自動車パワートレーンカンパニーへ帰任することになり、村田が佐藤のポジションを引き継ぐという。

 TOYOTA GAZOO RacingのWECプロジェクトと共に、村田は新社長としてトヨタ自動車の先行開発プロジェクトや一般カスタマー向けの技術開発事業等、TMGの全般の事業にも関わり、経営を担うことになる。

 新社長となる村田は、TMG着任後ロブ・ルーペン(チーム・ディレクター兼ビジネスオペレーション担当副社長)、パスカル・バセロン(技術部門担当副社長)とともにTMGを支える。

 今回の発表について、新旧チーム代表は次のようにコメントを寄せた。

村田久武 TOYOTA GAZOO Racing(WEC) 新チーム代表:
「TMGで新しい業務を担うことを誇らしく思います。LMP1ハイブリッド車両開発プロジェクトのスタート当初より、TMGの関係者とは強い絆を結んできておりましたが、この度、更に緊密な関係を築きつつ、すべての分野において成功に向かって挑戦していくことになりました。2015年以来TMGのトップとしてリーダーシップを発揮されてきた佐藤社長には格別な労いを述べるとともに、新しい職場での活躍をお祈り申し上げたいと思います」

佐藤俊男TOYOTA GAZOO Racing(WEC) 元チーム代表:
「これまでの3シーズン、一緒に懸命に働いてくれたTOYOTA GAZOO RacingチームとTMGの関係者の皆様全員に心から感謝を申しあげます。このチームとTMG、両方の組織の一員になれたことを嬉しく思いますし、低迷した2015年シーズンから着実な進歩を遂げられたことを誇らしく思います。今後、自分自身はトヨタ自動車に帰任し、パワートレーンカンパニーの中で新たな業務に携わることになりますが、日本からチームとTMGを応援して参ります。引き継ぐ村田新社長を全面的に支援すると共に彼の成功を心からお祈り申し上げます。また最後になりますが、ファンの皆様、関係会社の皆様、これまでの暖かいご支援、本当にありがとうございました」

※文中のコメントはTOYOTA Gazoo Racing NEWSより抜粋。