ここから本文です

元MotoGPホンダのチーム代表である中本周平氏、MotoGPプロモーターのドルナの特別顧問に就任

8/4(金) 20:13配信

motorsport.com 日本版

 ホンダの元MotoGPプログラムの代表であった中本周平氏は、MotoGPのプロモーターであるドルナのスペシャル・アドバイザーに就任した。

 2009年から今年4月に引退するまで、ホンダのMotoGPプログラムの代表だった中本氏。かつてはホンダF1の副マネージング・ディレクターを務めた。

 中本氏はケーシー・ストナーやマルク・マルケスをはじめとしたライダーを擁したレプソル・ホンダを率いて、5度マニファクチャラーズチャンピオンに輝いた。

 ドルナでの新しい役割は、元ライダーであるアルベルト・プーチとともに、同社の”タレント・プロモーション”のマネジメントであり、アジアとヨーロッパで開催されるタレント・カップの監督を行うという。

 ドルナCEOであるカルメロ・エスペレータは、次のように語った。

「”ナカモトさん”をドルナに招くことができたことは光栄だ」

「彼の経験と成功は類い稀なものであり、彼は会社と我々のビジョンにとって貴重な資産となるだろう」

「我々は共に働くことを誇りに思っており、彼の経験がドルナと我々の未来に活かされることを楽しみにしている」