ここから本文です

ティーム MP握るも惜敗、錦織はベスト8進出<男子テニス>

8/4(金) 21:10配信

tennis365.net

シティ・オープン

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は3日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのD・ティーム(オーストリア)は第15シードのK・アンダーソン(南アフリカ)に3-6, 7-6 (8-6), 6-7 (7-9)のフルセットで敗れ、惜しくもベスト8進出とはならなかった。

【錦織らシティOP対戦表】

この日、第1セットを落としたティームは第2セットをタイブレークの末に取り、ファイナルセットへ持ち込んだ。その後、第10ゲームではサービング・フォー・ザ・マッチを迎えるも、元世界ランク10位のアンダーソンにブレークバックを許し、再びタイブレークへ。

ティームはマッチポイントを握ったが、最後はワイドへのサービスエースを決められ、2時間46分で力尽きた。

勝利したアンダーソンは、準々決勝で世界ランク200位のY・バンブリ(インド)と対戦する。バンブリは3回戦でG・ペラ(アルゼンチン)を下しての勝ち上がり。

同日の3回戦では、第2シードの錦織圭、第3シードのM・ラオニッチ(カナダ)、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)、第8シードのJ・ソック(アメリカ)が8強入り。第4シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)は3回戦で姿を消した。

tennis365.net

最終更新:8/4(金) 21:10
tennis365.net