ここから本文です

“ネイマール購入”を叶えたパリの金満オーナー「我々は常に巨大な野望と共に歩んできた」

8/4(金) 19:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

目玉補強に満足

あまりにも高額な買い物を終え、パリ・サンジェルマンのナセル・アル・ケライフィ会長はその喜びを語った。

決して幻想ではない。つい数年前にオイルマネーによる莫大な経済力を元手にPSGの主人公となった同氏は、世界で最も格式高いクラブから花形アタッカーを引き抜き、今後はその偉大なドリブラーに好きなデザインのシャツを着せることが可能となった。約290億円もの巨費を投じ、“ネイマール”という新たなアイコンを手にしたケライフィ会長が、ビッグディール達成後にその心境を吐露。英紙『Mirror』が伝えている。

「ネイマールとサインすることができ、とてつもなく大きな満足感に浸っている。そしてスーパースターを手にしたという誇りもね。ネイマールは世界最高選手の1人だよ。彼に備わる強靭なメンタルと突出したリーダーシップは、いかに彼が最高の選手かを示している。超一流である証拠さ。今後はクラブに新たな要素を加えてくれるだろうね」

もちろんケライフィ会長にとっての究極的な目標が、ネイマールとのサインによって叶えられたわけではない。彼はさらなる高みを見つめている。

「この6年間、我々は常に巨大な野望と共に歩んできた。それがあったからこそ、欧州サッカー界における地位向上が実現する。今日、我々はネイマールを手にし、その野望に接近していることを示せたんだ。このクラブのサポーターは最高の夢を見ることができるよ」

異様なほどの札束が飛び交う“テーブル上の戦い”はすでに完結を迎えた。残すは、多くの喝采を浴びるであろうブラジル人がピッチ上でその価値を存分に知らしめるだけだ。

http://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合