ここから本文です

首都高工事の影響...住宅街で地盤沈下

8/4(金) 15:04配信

ホウドウキョク

首都高速道路・横浜北線の地下工事の影響で、神奈川・横浜市神奈川区などの住宅街で、地盤沈下が起きるなどの被害が出ていることがわかった。
地盤沈下が確認されたのは、横浜市神奈川区や鶴見区の住宅街などの一部。
住宅の基礎部分や地表面にひびが入り、最大で14cmの沈下が確認されているという。
被害住民は「基礎の周りの土が沈んでいる。家を中心に、外側に傾いている。これ以上沈まないとも限らないし、今後のことを考えると困っちゃいますよね」と話した。
首都高速道路株式会社は、地下工事にともなう地下水位の低下が原因で、すでに沈下を抑える対策を取り、今後、住民への補償を行うとしている。

画像つきで記事をみる

最終更新:8/4(金) 15:04
ホウドウキョク