ここから本文です

棟梁に習い かんな削り体験 大山で大工と庭師入門講座

8/4(金) 13:20配信

北日本新聞

 大工や庭師の仕事を体験する入門講座が4日、富山市東黒牧(大山)の職藝学院で開かれ、午前は小中学生約30人がかんな削りなどに取り組んだ。

 大工や庭師に関心を持ってもらおうと企画。大工の講座では、子どもたちが島崎英雄棟梁(とうりょう)や学生に習いながら、板に穴を開けてくぎを打ち、レターボックスを組み立てた。かんな削り体験では、学生と一緒に道具を持ち、力を込めて引いていた。

 小川光大君(富山市船峅小学校5年)は「釘を打つのが楽しかった」と話した。

 庭師の講座では参加者がロープの結び方を習い、黒いロープでトンボやチョウを作った。

北日本新聞社

最終更新:8/4(金) 16:54
北日本新聞