ここから本文です

真夏日の県内、うちわでそよ風 兼六園、暑さの中散策

8/4(金) 1:36配信

北國新聞社

 3日の石川県内は高気圧に覆われ、うだるような暑さが続いた。最高気温は金沢と志賀の32・3度をはじめ、七尾32・2度など全11観測地点で真夏日となった。

 兼六園では、観光客が暑さにめげず散策を楽しんだ。焼け付くような日差しが降り注ぐ中、うちわでそよ風を送ってもらい、安らいだ表情を浮かべる子どもの姿が見られた。

 金沢など7市町で12人が熱中症の疑いで病院に運ばれた。いずれも命に別条はないとみられる。

 金沢地方気象台によると、県内は4日も引き続き高気圧に覆われ、おおむね晴れる見込み。気温の高い状態が続くため、気象台は熱中症に注意を呼び掛けている。

北國新聞社

最終更新:8/4(金) 1:36
北國新聞社