ここから本文です

大筆で迫力の書 金沢でパフォーマンス

8/4(金) 1:36配信

北國新聞社

 高砂大学校同窓会書道クラブ作品展(北國新聞社後援)の関連イベント「書のパフォーマンス」は3日、金沢市中央公民館彦三館で行われた。講師で県書美術連盟理事の阿部豊寿さんが「道」「絆」と大きく書き、来場者約80人が楽しんだ。

 阿部さんは長さ1・1メートルの大筆を使い、縦3メートル、横4メートルの紙に文字をしたためた。大筆を下ろす際は墨が飛び散り、勢いよく動かすと線にかすれが生まれ味わい深い作品となった。阿部さんは「書道などの芸事の道を進む際は、仲間との絆を大切にしてください」とあいさつした。来場者向けに書道体験が行われた。

北國新聞社

最終更新:8/4(金) 1:36
北國新聞社