ここから本文です

新設の「子供の部」へ練習 珠洲であす、ちょんがり踊り

8/4(金) 1:36配信

北國新聞社

 5日に珠洲市の飯田わくわく広場で行われる、郷土民謡「ちょんがり節」を後世に伝えるイベント「第5回ちょんがり踊り」(本社後援)に今年から、歌声を競う「子供の部」が新設された。児童生徒は最優秀賞の獲得を目指し、唄の練習に取り組んでいる。

 2日は飯田公民館で最後の練習会が行われ、出演者が、前唄やちょんがり節「数づくし」や「大谷峠」などを練習し、主催する珠洲ちょんがり保存会の池谷内吉光会長が歌い方などを助言した。

 イベントでは例年、年代を問わずに唄と踊りで出場者が競っている。若い世代に郷土民謡への関心を持ってもらうため、子供たちだけの晴れ舞台を新たに設けた。飯田、直(ただ)小の児童と飯田高の生徒12人が参加を予定している。

北國新聞社

最終更新:8/4(金) 1:36
北國新聞社