ここから本文です

汗だくの神輿行列 大野湊神社夏季大祭開幕 金沢

8/4(金) 15:58配信

北國新聞社

 石川県内が高気圧に覆われ、厳しい暑さとなった4日、金沢市無形民俗文化財の大野湊神社(同市寺中町)の夏季大祭が3日間の日程で始まった。強い日差しの下、天照大御神(あまてらすおおみかみ)と猿田彦(さるたひこの)大(おお)神(かみ)(佐那武大神(さなたけのおおかみ))を乗せた神輿(みこし)2基が神社を出発し、担ぎ手の男衆は汗だくになりながら「ヤットコセー、ヨーイヤラー」の木遣(きや)り唄で気勢を上げた。

 住民約1500人による神輿や曳山(ひきやま)、太鼓台などの行列は、金石地区を練って港町を熱気で包んだ。5日は海上安全祈願祭が営まれ、6日は神輿を神社に戻す。

 正午までの最高気温は金沢34・9度、加賀市菅谷34・8度など全11観測地点で真夏日となった。菅谷と志賀(34・1度)、羽咋(33・2度)で今年最高を記録した。

北國新聞社

最終更新:8/4(金) 15:58
北國新聞社