ここから本文です

3試合ぶり先発の流経大柏MF石川は“裏街道”にチャレンジし、「ミス」のロングスローで決勝アシストも

8/4(金) 21:24配信

ゲキサカ

[8.4 総体決勝 流通経済大柏高 1-0 日大藤沢高 ユアスタ]

 初戦から2試合先発したものの、準々決勝と準決勝はいずれも後半アディショナルタイム突入後からの出場。「2試合出ていなくて悔しかったのでその思いを持ってできた」という流通経済大柏高MF石川貴登(3年)が後半に相手を押し返す力の一つになっていた。

 立ち上がりにカットインから右足シュートを放った石川は「エノさん(榎本雅大コーチ)から『スピードで縦に突破しろ、CKも取れ』と言われていたので、縦へ仕掛けることを意識していました」というように縦への突破を意識してプレー。左SHから右SH、そして右SBと試合の中で複数のポジションをこなしていた石川は後半、“裏街道”の突破からCKを獲得するなど思い切ったプレーにもチャレンジしていた。

 そして後半31分には右サイドからロングスロー。本人が「ミスかなと思っています。あまり飛ばなかったんですけど、クマ(熊澤和希)が良いところにいてくれた」と苦笑いしたボールの飛距離は伸びなかったものの、ニアサイドにいたMF熊澤和希(2年)がコントロールから右足シュートを決めて決勝点が生まれた。

 結果的に石川は3試合ぶりの先発で決勝点をアシスト。守備面でも球際で奮闘するなど勝利に貢献した。プレミアリーグ昇格、選手権日本一を次の目標に掲げた石川は「自分、多くポジションできるので、そのポジションの多さを活かせるように頑張りたいです」。自分の武器を活かし、また目標達成に貢献する。

最終更新:8/4(金) 21:24
ゲキサカ