ここから本文です

羨望、嫉妬、憎悪…映画「犬猿」に窪田正孝ら出演

8/4(金) 8:01配信

日刊スポーツ

 窪田正孝(28)新井浩文(38)ニッチェ江上敬子(32)筧美和子(23)が、異色映画に出演することが3日、分かった。ルックスも性格も対照的な兄弟と姉妹が登場する「犬猿」(来年2月公開)で、メガホンはオリジナル脚本を書き下ろした吉田恵輔監督がとる。一番身近な存在に対する羨望(せんぼう)や嫉妬、憎悪など複雑な感情が描かれる。

【写真】窪田正孝8月に29歳、高校生役に「しんどいよ」

 新井は、刑務所から出てきたばかりの乱暴者でトラブルメーカーの金山卓司、窪田はその弟で、真面目で気の優しい印刷会社の営業マン金山和成をそれぞれ演じる。一方、江上は、和成に思いを寄せ、仕事はできて印刷工場を取り仕切るが容姿には恵まれていない幾野由利亜、筧はその妹で、工場を手伝いながらも恵まれたルックスを生かしてグラビアタレントとして活動する幾野真子を演じる。それぞれ兄弟と姉妹があることをきっかけに、ため込んできた感情を爆発させ、激しくぶつかりあっていく姿が見どころとなる。

 窪田は、私生活では3兄弟の三男で「共感できるところがたくさんあると感じました」という。さらに「人間って何なんだろう。何で兄弟なんだろう。何で家族なんだろう。何であの人は…。不公平と思う瞬間がたくさんあるかと思います。見え隠れする心情がこの犬猿という映画につまっていると思います」と話す。新井は弟を窪田が演じることに「兄弟に見えるのか、それだけが心配です」とユーモアを交えてコメントした。

 江上は「コントで培った顔芸は封印し演技をぜひ見ていただきたい」といい、筧は「リアルで人間味あふれる登場人物がいとおしかった」と話している。

最終更新:8/4(金) 9:07
日刊スポーツ