ここから本文です

テバの社債が大幅下落-財務制限条項に違反する恐れと警告

8/4(金) 8:44配信

Bloomberg

世界最大のジェネリック医薬品(後発薬)メーカー、イスラエルのテバファーマスーティカル・インダストリーズの社債価格が数カ月ぶりの大幅下落となった。同社は3日、キャッシュフローが悪化すれば、社債のコベナンツ(財務制限条項)に違反する恐れがあると投資家に警告した。

ブルームバーグの集計データによれば、テバの7億ユーロ(約910億円)の2027年3月償還債の価格は、額面1ユーロ当たり0.01ユーロ下落し0.96ユーロと、6月以来の安値を付け、2月以来の大幅安となった。7億5000万ユーロの2028年10月償還債も0.01ユーロ安い0.915ユーロと、1月以来の大幅下落。

ODDO・BHFアセット・マネジメントの投資適格級クレジット担当責任者バスチャン・グリース氏は、テバの「業績の予想以上の悪化に加え、コベナンツの問題が浮上した」と指摘。3日の業績見通し下方修正で状況はさらに厳しくなり、「大半の投資家はコベナンツについてテバが何らかのウェーバーを与えられると期待するだろう」と語った。

テバのマイケル・マクレラン暫定最高財務責任者(CFO)は3日のアナリストとの電話会議で、一部のコベナンツについて再交渉と修正が必要となるかもしれないとの見方を明らかにした。同社は同日、通期の利益見通しを引き下げ、75%減配を発表した。

原題:Teva Debt Sells Off After Company Warns May Breach Covenants (1)(抜粋)

Katie Linsell

最終更新:8/4(金) 8:44
Bloomberg