ここから本文です

シャープ、指先を挿入すると体内の老化物質「AGEs」を測定できるセンサ開発

8/4(金) 19:37配信

CNET Japan

 シャープライフサイエンスは8月4日、老化物質のひとつ「AGEs(エージーイー:最終糖化産物)」体内蓄積レベルを測定できるAGEsセンサ<RQ-AG01J>を発売すると発表した。

 左手中指の先を測定部に挿入するだけで、AGEsの蓄積レベルを簡単に測定できるのが特徴だ。血液の採取が不要で、所要時間も30~60秒程度。

 AGEsは、「糖」と「たんぱく質」が結合して生成される物質。一部の発酵食品や飲料などに含まれるほか、飲食を通じて摂取した糖が、人体の主要構成物質であるたんぱく質と結合し、体内でも生成されることがわかっているという。

 偏った食生活や運動不足など、生活習慣の乱れにより体内の糖が過剰になると、AGEsの生成が加速され、血管や骨、皮膚など、さまざまな組織に蓄積される。老化に関与するといわれていることから、健康状態を表す新しい指標としても注目されている。

 AGEsにはさまざまな種類があり、一部のAGEsは、光を当てると発光するという特性がある。本機はその特性を利用して、指先に近紫外光を照射し、体内のAGEsが発した光の量を測定・解析することで蓄積レベルを算出。スコア化してA~Eの5段階評価で表すほか、同世代と相対比較した順位(1~100位)を目安として示す。また、付属のプリンタで測定結果を印字することも可能だ。

 シャープライフサイエンスは、調剤薬局や美容サロン、コンビニエンスストアなどへの設置を提案し、来店者が手軽に測定できる環境を拡げていくことで、食生活の見直しや運動習慣の改善など、健康への意識向上に貢献したいとしている。

 また、9月11~13日に東京ビッグサイトで行われる、美容・健康業界向け専門展示会「ダイエット&ビューティーフェア 2017」に出展予定だ。

最終更新:8/4(金) 19:37
CNET Japan