ここから本文です

【週間PVランキング】ついに発売が開始された国民的RPGの販売本数に関する話題がもっとも注目を集める結果に【07/29~08/4】

8/5(土) 21:03配信

ファミ通.com

文:編集部 ばしを

●国民的RPGが発売された今週のランキングはどのような結果に!?
 梅雨も明け、いよいよ本格的な夏到来……と思ったところ、台風や前線の影響でぐずついた天気が多く、寒暖の差が激しい日が続いていますが、先週末には国民的RPG『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発売されました。発売後2日間で200万本を突破(ファミ通調べ)ということもあって、編集部でもかなりの人数がプレイしているようで、なかにはPS4を会社に持参してプレイしている編集者もいます。筆者はPS4版、3DS版と両方購入しましたが、とりあえずPS4版からスタートしました。この後は様子を見ながら、3DS版を進めていこうかと思っています。
 ということで、2017年7月29日~8月4日のPVランキングを紹介していきます。

【1位】
『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』発売2日間で208.1万本を販売

 今週のPVランキングで1位を獲得したのは、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の販売本数に関する話題。今夏最大といっても過言ではない話題作かつ、今作はシリーズ初のマルチプラットフォームでの発売ということで、いったいどのような比率になっているのか、多くの人が注目していた結果は、僅差ながらも3DS版が若干上回る形に。それにしても、2機種合算ながら発売2日間でのダブルミリオン達成とは、さすが国民的RPGの面目躍如といったところ。今後の販売本数の推移も気になるところです。

【2位】
勇者たちは ダメに なってしまった! 勇者をダメにするクッション画像が公開

 2位にも『ドラゴンクエスト』関連のニュースが登場。こちらは7月22日に発売が開始されたスライムのビッグクッションに対して、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』PS4版プロデューサーの岡本北斗氏がTwitterで取り上げた画像に関する話題。開発陣が制作したという勇者たちの脱力した姿は、多くのファンが“リツィート”&“いいね”をするなど、大きな注目を集めただけでなく、当記事の公開直後はまだ在庫有だった商品が、すぐざま在庫切れになるほどに。勇者をダメにするクッションの実力、恐るべしです。

【3位】
『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』2017年11月1日発売決定! 『Vol.3』に続く新エピソードも判明!

 架空のオンラインRPGの世界を舞台にしたオフラインRPG『.hack』シリーズの第2シーズンとなる『.hack//G.U.』HDリマスター化を取り上げた先出し週刊ファミ通の話題が、今週の3位にランクイン。週刊ファミ通2017年8月17日号(8月3日発売)では、『Vol.3』のその後が描かれた新エピソード『Vol.4 あるいは世界を紡ぐ蛇たちの見る夢』に関する情報や、さらに進化するハセヲの5thフォームなどを紹介しています。

【4位】
『Fate/Grand Order』祝・配信2周年! 独占スクープを含む特別企画満載でお祝い!!【先出し週刊ファミ通】

 濃密なストーリーや魅力的な登場キャラクターによって、大きな人気を博している『Fate/Grand Order』の配信2周年を記念した、18ページにも及ぶ特集記事を紹介した先出し週刊ファミ通の話題が、今週の4位を獲得。誌面では、アーケード作に関する最新情報や、TYPE-MOON代表の武内崇氏と、FGO PROJECTクリエイティブディレクターの塩川洋介氏へのインタビューなど、読み応え抜群。気になる人は、週刊ファミ通2017年8月17日号(8月3日発売)をチェックしましょう。

【5位】
『スプラトゥーン2』フェス開幕! “ミステリーゾーン”はタコ世界の可動型新ステージ!? テンタクルズ新曲や紅白インクなど、フェス新情報まとめ

 2017年8月4日に開催された、『スプラトゥーン2』のフェス“どっちがお好き? マヨネーズ vs ケチャップ”の話題が、集計最終日のニュースにも関わらず5位に登場。記事は、週刊ファミ通の世界三大三代川によるフェス体験リポートとなっており、『スプラトゥーン』担当編集から見た気になるポイントを紹介。フェス自体は本日(8月5日)15時で終了していますが、プレイをした人も、プレイできなかった人も、おさらいの意味でチェックしてみてはいかが。

【6位】
『ファイアーエムブレム無双』ティアモ&ルフレ(女)が参戦! 特効や三すくみなどのシステム詳細も【先出し週刊ファミ通】

【7位】
『ドラゴンクエストXI』とSQUARE ENIX CAFEのコラボがすごい! その全貌を徹底リポート!!

【8位】
『FFXV』無料アップデートが配信! 無敵スーツ“魔導インビンシブル”や仲間との連携システム“ラッシュリンク”が追加など - 『ファイナルファンタジーXV』

【9位】
『Fate/Grand Order VR feat.マシュ・キリエライト』2017年冬配信決定、着替えシーンありの最新PVも公開

【10位】
九州の圧倒的熱量! 「好いとぉよ」に悶絶した『アイマス シンデレラガールズ』5thライブ福岡公演リポート

●国民的RPG恒例の行列は何度見ても胸熱のイベントでした
筆者が気になった今週のニュースはこちら。

『DQXI』がいよいよ発売開始! ヨドバシAkibaは開店前に200人超の行列ができる大盛況に【『DQXI』発売日リポート】

 2017年7月29日。待ちに待った国民的RPGの発売日ということで、半ば恒例となった行列取材に行ってきました。かつて、『ドラゴンクエスト』発売日と言えば行列というのが恒例行事でしたが、昨今は事前予約やネット通販、ダウンロード販売が主流になりつつあり、当日は行列が形成されるのか、若干の不安もありました。ですが、開店直前には200人を超える列が形成されており、そこからお昼頃まではひっきりなしにソフト購入者が訪れるなど、しっかりとした盛り上がりに。


 前々作『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』(2009年7月11日発売)の頃と比べると、さすがに行列の規模は小さくなっているものの、これは前述したように購入方法の多様化も多分に影響していると思います。とくに今作は、ダウンロード版であれば29日の0時からプレイできるところを、あえて店頭に何時間も並んで購入するなんて、いっけんすると無駄な労力のようでもあります。でもあえて、行列に参加することで気持ちを高揚させていき、店頭で直接商品を手にし、そこからワクワク感を高めながら帰路について、「ドラクエを遊ぶぞ!」と気持ちがマックス状態でプレイを始めるというスタイルは、大好きです。実際、筆者はこれまでゲームハードなどの大半は発売日に購入していますが、このワクワク感を味わいたいがために、できるだけ行列に参加して入手しています。今回も仕事でなければ、間違いなくこの行列に参加していたことでしょう。
 取材時、何人かにお声がけをさせていただいたのですが、当たり前のことながら皆さん、『ドラゴンクエスト』が大好きな方ばかりで、若い年代から大人の方まで幅広い層の方がいらしていたのも、30余年という歴史を持つ本作ならでは。いっこくも早く遊びたいけど、行列のお祭り気分から楽しみたかったという声も多く聞かれ、心の中で「うんうん」と頷きながら取材をしていました。協力してくれた皆さん、本当にありがとうございました。今ごろはみんな冒険の真っ最中だと思いますが、ぜひとも楽しい『ドラゴンクエスト』ライフを満喫してください。

※過去の週間PVランキングはこちら

最終更新:8/8(火) 18:41
ファミ通.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ