ここから本文です

【特別映像】『ダークナイト』や『ライオン・キング』…名作曲家が明かす苦労とは?

8/5(土) 11:00配信

cinemacafe.net

毎年夏に行われるシネマカリテ主宰の「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション 2017」にて8月5日(土)より全国順次公開される音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』。この度、本作の本編映像がいち早くシネマカフェに到着した。

【画像】『すばらしき映画音楽たち』ポスタービジュアル

本作は、『ロッキー』や『007』、『E.T.』、『タイタニック』など、世界中の人々の心に残る名作映画たちを支えてきた映画音楽たちが、どのようにして生まれたかを紐解く音楽ドキュメンタリー。7月にはWOWOWにて日本初公開され大反響を呼んだ。

映画では、『スター・ウォーズ』シリーズの作曲を手掛けたジョン・ウィリアムズや『ダークナイト』、『ライオン・キング』のハンス・ジマー、『シザーハンズ』のダニー・エルフマンなど、ハリウッドで人気を集める名作曲家たちの貴重なインタビュー映像が集約されており、彼らの映画音楽の創作秘話が次々と明かされていく。

そんな彼ら作曲家たちが行う音入れのスポット作業は、撮影編集が終わった後、つまり映画製作の最後に行われる。映画監督は最初に映画の構想を練り、撮影を始め、編集が終わると今度は頭の中で聴こえた音楽を思い出すのだ。

しかし、大抵スケジュール通りにいかないこともあることから、「作曲家は待ち疲れてる」と映像で冗談交じりに笑うのは、『ターミネーター』シリーズや『タイタニック』、『アバター』などを手掛けるアカデミー賞受賞監督のジェームズ・キャメロン。

一方、『ライオン・キング』『グラディエーター』『ラストサムライ』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなど多くの人気作の音楽を数々手掛けているハンスは、「プロジェクトに選ばれたことに初めは有頂天になるが、一人になると青ざめる。そして『やはりジョン・ウィリアムズに頼んでくれ』と電話で断りたくなる。常に恐怖心と戦っている」と意外な本音を吐露。

そしてそのほかの作曲家たちも、「苦手分野をカバーする存在」「補う音楽が求められる」など、その映画に携わる際にどのような役割を果たすべきなのかと、自身の考えを語っている。


『すばらしき映画音楽たち』は8月5日(土)よりカリコレ2017ほか全国にて順次公開。

最終更新:8/5(土) 17:25
cinemacafe.net