ここから本文です

鉄道好きは大阪へ 「鉄道模型フェスティバル」と「鉄たび展」 うめだ阪急で2つの鉄道フェアを開催

8/5(土) 8:25配信

ねとらぼ

 うめだ阪急は、8月9日~15日に京都本線の風景を再現したジオラマで運転体験などができる「鉄道模型フェスティバル2017」を、8月17日~28日には“或る列車”などの大型模型を走行させて鉄道旅行の歴史と魅力を紹介する「鉄たび展」を開催します。

【ドイツの街並みをイメージした模型】

 「鉄道模型フェスティバル2017」は、阪急と嵐電の西院駅でのアクセスが便利になったことを記念して阪急電鉄・京都本線をクローズアップ。9300系や“京とれいん”など、京都本線を走る電車のNゲージが集合します。

 会場にはトワイライトエクスプレス、あかつきなどの各時代の寝台列車も展示され、ドイツの街並みをイメージした模型でのHOゲージの運転体験や、専用コントローラーで操作する電車シミュレーター、阪急・阪神電車の制服を着用した記念撮影などを楽しめます。

 さらに、9階アートステージ(入場無料)では阪急電車の模型や鉄道部品、関連グッズなどを販売します。

●鉄道模型フェスティバル2017

開催期間:8月9日~15日

会場:大阪府大阪市北区角田町8番7号 阪急うめだ本店 9階阪急うめだギャラリー

入場料(税込):一般600円、学生400円、未就学児無料

 「鉄たび展~模型の神様・原信太郎とデザイナー・水戸岡鋭治の鉄道ロマン~」は、鉄道旅行の歴史や魅力を紹介する展示会。明治39年に九州鉄道がアメリカに発注したものの一度も営業運転されなかった豪華客車“或る列車”を模型で再現した原信太郎氏や、2015年にJR九州がよみがえらせた現代版・或る列車のデザインを担当した水戸岡鋭治氏にスポットを当てます。

 会場では、水戸岡鋭治氏がデザインして九州で活躍している「特急・あそぼーい!」や「SL人吉」を列車をデザイン画などで紹介。熊本地震で被害を受けた九州の復興を支援します。

 さらに、横浜の原鉄道模型博物館の特別協力で 1番ゲージ(縮尺約32分の1)の大型模型が走行。0番ゲージ(縮尺約40分の1)の列車も展示されます。

●鉄たび展~模型の神様・原信太郎とデザイナー・水戸岡鋭治の鉄道ロマン~

開催期間:8月17日~28日

会場:大阪府大阪市北区角田町8番7号 阪急うめだ本店 9階阪急うめだギャラリー

入場料(税込):一般800円、学生600円、未就学児無料

主催:鉄たび展(大阪)実行委員会

特別協力:原鉄道模型博物館、ドーンデザイン研究所

協力:JR九州、九州鉄道記念館、九州観光推進機構、新宿区立新宿歴史博物館

最終更新:8/5(土) 8:25
ねとらぼ