ここから本文です

ツアー未勝利のR・ワレンスキーが猛チャージ 26ptで単独首位

8/5(土) 12:24配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<バラクーダ選手権 2日目◇4日◇モントリューゴルフ&カントリークラブ(7,472ヤード・パー72)>

世界ランク1位のDJとがっちり握手

ネバダ州のモントリューゴルフ&カントリークラブで開催されている米国男子ツアー「バラクーダ選手権」の2日目。全選手がこの日の競技を終え、ツアー未勝利の25歳、リッチー・ワレンスキー(米国)が15ポイントを加算。トータル26ポイントで単独首位に躍り出ている。

2ポイント差の2位にスチュアート・アップルビー(オーストラリア)、3ポイント差の3位タイにグレッグ・オーウェン(イングランド)、ルーク・リスト、ベン・マーティン、ディッキー・プライド(いずれも米国)が続いている。

この大会はツアーで唯一、“ステーブルフォード方式”で競われる。この方式はスコアに応じてアルバトロスが8点、イーグルが5点、バーディが2点、パーが0点、ボギーが-1点、ダブルボギー以下は-3点というポイントが与えられ、その合計で順位を争う。

【2日目までの順位】
1位:リッチー・ワレンスキー(26pt)
2位T:スチュアート・アップルビー(24pt)
3位T:グレッグ・オーウェン(23pt)
3位T:ルーク・リスト(23pt)
3位T:ベン・マーティン(23pt)
3位T:ディッキー・プライド(23pt)
7位:デレク・ファサワー(21pt)
8位T:タイロン・ヴァン・アスヘーゲン(20pt)
8位T:リック・ラム(20pt)他

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>