ここから本文です

(核心の中国)失脚:3 もう一つの「毒」、取り除けず

8/5(土) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 重慶市共産党委員会書記を解任された孫政才は、「薄熙来(ポーシーライ)らの毒の除去が徹底できていない」と指摘された。毒とは何か。
 地元メディア関係者は「毒には2種類ある」と話す。一つは官僚や党幹部の腐敗。そして、もう一つこそが「習近平(シーチンピン)(国家主席)が本当に一掃させたかったものだ」とみる。
 市内の高地にある鴻恩寺森林公園に向かった。薄が書記に就任した直後の2008年に建設が始まり、面積は天安門広場の倍近い73万平方メートルに達する。
 マフィア撲滅運動の「打黒(ダーヘイ)」などと並ぶ、かつての薄の政策の一つに「森林重慶」がある。……本文:1,680文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社