ここから本文です

歓喜の渦!「美少女戦士セーラームーン」25周年記念クラシックコンサート大盛況のうちにフィナーレ!早くもCD化決定!

8/5(土) 13:32配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

8月2日、3日東京芸術劇場で「美少女戦士セーラームーン」25周年記念Classic Concertが開催された。

【詳細】他の写真はこちら

セーラームーンファンで埋め尽くされた東京芸術劇場。演奏するのは東京フィルハーモニー交響楽団。
第1部は90年代アニメ版ではお馴染みのアバン曲に合わせ、月野うさぎ(CV.三石琴乃)がセーラームーンクラシックコンサートの世界へ誘い、定番のオープニング主題歌「ムーンライト伝説」で幕開けした。「愛の戦士」「HEART MOVING」「プリンセス・ムーン」など、初期のアニメ曲を次々と壮大なオーケストラが奏でる。

そして「セーラームーンR」のエンディング主題歌「乙女のポリシー」で石田燿子が登場。幻想的なパイプオルガンの前で力強く歌い上げた。続いて「セーラームーンSuperS」のエンディング主題歌「“らしく”いきましょ」もオーケストラサウンドに合わせて披露。

続いてのコーナーは、寺下真理子とインストゥルメンタルユニットTSUKEMENのSUGURUが登場。大人気のキャラクター、セーラーウラヌスとセーラーネプチューンの世界をヴァイオリンの優美な音色と大胆かつ繊細なピアノで艶やかに演出した。情熱的なウラヌスとネプチューンの掛け合いの曲「eternal eternity」で第1部を終えた。

第2部は、月野うさぎのセーラームーンへの変身コールをきっかけにスタート!セーラームーンの数々の名曲を生み出した小坂明子が登場し、自身の楽曲「Moon Revenge」「タキシード・ミラージュ」「ラ・ソウルジャー」を情熱的に披露した。

さらに、スリーライツコーナーや新作ミュージカルコーナーと、セーラームーンの世界が余すことなく盛りだくさんに展開されていく。

そして、「MOON PRIDE」からCrystalシリーズの楽曲コーナーへ。「月虹」では、ミラーボールが会場を包み込み、神秘的なパイプオルガンの音色で月の世界へ導く。クライマックスは最新曲「ニュームーンに恋して」が壮大なオーケストラアレンジでドラマティックに披露された。

アンコールでは、出演者全員がステージ上に勢ぞろい。さらに声で出演をしていたセーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃もステージ上にサプライズで登場し、客席を大いに沸かせた。
「美少女戦士セーラームーン セーラースターズ」のオープニング主題歌「セーラースターソング」を石田燿子の歌声が先導し、会場全員で大合唱することに。

感動の渦を巻き起こし、史上初のクラシックコンサートは幕を下ろした。
なお、本公演のCD化が決定。12月6日に発売となる。

写真クレジット:堀衛

●リリース情報
『美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert ALBUM』
12月6日発売

【CD2枚組】
品番:KICA-3269~70
価格:¥3,500(税込)

■出演者
指揮:吉田 誠
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
声の出演:三石琴乃(セーラームーン/月野うさぎ役)
ゲストアーティスト:小坂明子、石田燿子

<収録内容>
8月3日(木)夜公演

美少女戦士セーラームーン 25周年記念Classic Concert
8月2日(水)、3日(木)@東京芸術劇場

<セットリスト>
アバンBGM~うさぎナレーション
M1.ムーンライト伝説
M2.愛の戦士
M3.HEART MOVING
M4.プリンセス・ムーン
M5.私たちになりたくて
M6.乙女のポリシー
M7.”らしく”いきましょ
M8.ウラヌス&ネプチューン メドレー
M9.eternal eternity
アイキャッチBGM
M10.ムーン・プリズム・パワー・メイクアップ!
M11.Moon Revenge
M12.タキシード・ミラージュ
M13.ラ・ソウルジャー
M14.スリーライツ・メドレー
とどかぬ想い -my friend’s love- ~流れ星へ
M15.愛のStarshine
M16.MOON PRIDE
M17.月紅
M18.ニュームーンに恋して

EN.セーラースターソング

(C)Naoko Takeuchi (C)武内直子・PNP・東映アニメーション

関連リンク
美少女戦士セーラームーン 25周年プロジェクト公式サイト