ここから本文です

<岩国基地艦載機移転>「6日ごろ」防衛省が県と市に伝達

8/5(土) 8:31配信

毎日新聞

 米軍再編に伴う厚木基地(神奈川県大和市など)から岩国基地(山口県岩国市)への米空母艦載機部隊(61機)の移転計画で、防衛省中国四国防衛局(広島市)は4日、第1陣としてE2D早期警戒機5機が6日ごろから移転を開始するとの米軍の説明を山口県と岩国市などに伝えた。

 中国四国防衛局によると、11月に主力のFA18スーパーホーネット戦闘攻撃機2部隊が移転するなどして来年5月までに移転が完了する見通し。完了後の米軍機は約120機に倍増し、軍人や家族ら約3800人も移住して基地人口は1万人を超える。

 岩国市の福田良彦市長は「移転の受け入れは国に伝達しており、航空機の安全運用に万全を期してほしい」とする一方、「6日は広島原爆の日として午前8時15分に黙とうをささげるため、この時間帯の飛行自粛を要請している」とコメントした。山口県の村岡嗣政知事も「関係者の心情を考えるとこの日は避けてほしい」と述べた。

 岩国市は広島県と隣接しており、岩国基地から原爆ドームまでは30キロ余り。【古賀亮至、祝部幹雄】

最終更新:8/5(土) 13:11
毎日新聞