ここから本文です

ミサイル避難方法を動画に 3ケース紹介、ネットで公開 神奈川県

8/5(土) 7:55配信

産経新聞

 県は北朝鮮による弾道ミサイル落下時に備えた避難方法を紹介する動画を作成し、インターネット上で公開している。政府が各自治体に対し、住民への広報を徹底するよう要請したことを受けたもので、動画作成は全国でも珍しいものとみられる。

 動画では、発射された弾道ミサイルが地対空誘導弾パトリオット(PAC3)により迎撃される様子を紹介。着弾可能性がある場合に使用される全国瞬時警報システム(Jアラート)を使ったサイレンの音も再現した。

 屋内、屋外、車を運転中といった3つのケースで行うべき避難方法を紹介。屋外にいる場合として、できるだけ頑丈な建物に逃げる▽地下に逃げる▽物陰に身を潜めるか地面に伏せて頭部を守る-などを呼びかけた。屋内の場合は、窓から離れて建物中央部に移動する▽窓を閉め、ガス、水道、換気扇を止める-よう呼びかけるとともに、車を運転している場合は、道路外に停車する▽キーを付けたまま避難する-などと注意喚起している。

 県危機管理対策課によると、「具体的な避難方法に関する県民からの問い合わせが数十件あり、より分かりやすい動画にした」という。

 動画は県のホームページと動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開している。

最終更新:8/5(土) 7:55
産経新聞