ここから本文です

ボルト最高のフィナーレへ スタート「最悪」も10秒07で準決勝進出

8/5(土) 6:28配信

デイリースポーツ

 「陸上・世界選手権」(4日、五輪スタジアム)

 男子100メートル予選(各組3着まで+タイム上位6人が準決勝進出)が行われ、今大会限りで現役引退を表明している“人類最速の男”ウサイン・ボルト(30)=ジャマイカ=は、10秒07(追い風0・3メートル)の6組1位で準決勝進出を決めた。

【写真】「永遠に最速」ボード前で決めポーズ!

 「最悪だ。スタートで躓いてしまった。好みのスタートブロックじゃない。経験上、最も良くない」と、スタートブロックとの相性に不満を募らせながら、英国の観客には「いつだってここの観衆は最高だ。いつも愛をくれる」と、満足げ。「ここで最後を迎えられることに興奮している。ベストを尽くす」と、最高のフィナーレを見据えた。