ここから本文です

I・マルティネス獲得に近づくバルセロナ、ヴェルメーレンは放出へ

8/5(土) 22:12配信

GOAL

バルセロナは、この夏の移籍市場で守備陣の補強を敢行することを決断したようだ。

FWネイマールがパリ・サンジェルマンへと移籍したバルセロナだが、それと引き換えに同選手の契約解除金2億2200万ユーロを懐に入れた。その資金を頼りに、まずはセンターバックの獲得に動いている。

エルネスト・バルベルデ監督は、このプレシーズンでDFトーマス・ヴェルメーレン、マーロン・サントスの能力を見極め、CB獲得をクラブに要望した様子。ヴェルメーレンは放出される見込みで、マーロンには徐々に出場機会を与えていく方針だ。

現在CBの補強候補として、筆頭に挙げられているのがレアル・ソシエダDFイニゴ・マルティネスである。I・マルティネスはバルセロナ移籍に前向きな姿勢を示しているという。ただ、同選手は負傷によって、ここまでのプレシーズンをすべて個人トレーニングに費やしており、コンディションに不安を抱えているというのが懸念材料だ。

ソシエダはI・マルティネスの残留を強く望んでいるが、同選手の契約解除金3200万ユーロ(約40億円)を他クラブが支払えば、移籍成立は可能だ。バルセロナはすでに同額を準備し、ソシエダとコンタクトを取ったとみられている。

GOAL

最終更新:8/5(土) 22:13
GOAL