ここから本文です

HKTのニューヒロイン松岡はな「恥セリフ&キス顔」2つの試練に挑戦

8/5(土) 16:45配信

東スポWeb

【2017ド本命アイドル】人気アイドルグループ・HKT48の記念すべき10枚目シングル「キスは待つしかないのでしょうか?」(2日発売)で、センターを任された松岡はな(17)。バイトAKBの活動を経て、ドラフト2期生としてHKTに加入後、怒とうのシンデレラストーリーを歩んでいる。今年の選抜総選挙でも初ランクインした“博多のニューヒロイン”がグループへの恩返しを誓った。

 ――ニューシングルはどんな曲

 松岡:HKTらしいかわいい曲です。ただ、私はセリフを言ったり、恥ずかしいポイントがいっぱいあって(照れ笑い)。

 ――間奏のセリフ「(呼び止めるように)あのぅ…すみません…キス、しませんか?」の部分ですか

 松岡:はい…めっちゃ恥ずかしくて。レコーディングも恥ずかしいから、メンバーみんなに(ブースから)出てもらって録音しました。これからずっと毎回、ずっと言わなきゃいけないと思うと…恥ずかしいです。

 ――心配してますね

 松岡:他にも試練があって、途中でキス顔もするんです。センターとして前にいるのも緊張するのに試練が2つもあるなんて…生放送だったら倒れちゃうかもしれない。

 ――メンバーは

 松岡:「フゥ~!」って(苦笑)。よく「全然緊張しているふうに見えないからすごい」と言われるけど、本当はすごく緊張しちゃう。周りに言っても「絶対ウソ」って。セリフもあって、倍緊張しちゃうから、かまないようにしないと!

 ――8枚目「最高かよ」から約1年ぶり、2回目のセンターです

 松岡:「最高かよ」は初めてのセンターで“何も分からない”状態。自分のことで精一杯で「とにかく楽しもう」と思っていたけど、今回は2回目。HKTにとっても記念すべき10枚目のシングルでもある。盛り上げていかないといけないし、期待はされているというプレッシャーを感じています。さっしー(指原莉乃)さんとかは「頑張ってね。楽しんでやったらいいよ」と言ってくださってますけど。

 ――今年のAKB選抜総選挙では80位で初ランクイン

 松岡:速報順位は圏外だったので、とにかくランクインしたかった。最初に呼ばれた時は「80位か~」とも思ったけど、よくよく考えたらすごいこと。うれしくて、その日はずっと笑顔でした。

 ――速報で圏外だった時は涙を流していた

 松岡:私と同世代が上位にランクインしていたので、すごく悔しくて…。その時はまだ速報と言われたけど、速報も大事な部分もある。もっと頑張ろうって気持ちにもなりました。

 ――2014年にバイトAKBとしてともに活動したNGT48の荻野由佳さんが速報1位、最終も5位と躍進した

 松岡:総選挙後にLINEで「おめでとう」って送りました。すごくうれしかったし、刺激にもなりました。由佳ちゃんが努力家なところは知っている。一気に遠い存在になったというか…。負けないように頑張ろうって思いましたね。

 ――瀬戸内7県に新たにSTU48が誕生。HKT劇場支配人の指原さんが、STUの劇場支配人も兼務している

 松岡:さっしーさんはテレビをつけるといつも出てるし、本当に忙しいから…。HKTもSTUのこともあるから倒れちゃうんじゃないかと心配です。ずっとさっしーさんに頼ってばかりじゃいけないので、私たちがもっと引っ張っていけるようになりたい。

 ――今後の目標は

 松岡:誰もが認めるようなセンターになって、HKTの知名度をもっと上げられる存在になれたら。AKBグループ全体の“顔”になれるように頑張りたいです!

☆まつおか・はな=2000年1月19日生まれ、千葉県出身。14年にバイトAKBとして活動し、翌15年5月の「第2回AKB48グループ ドラフト会議」でHKTチームHに指名され、ドラフト2期研究生として加入。昨年9月の8枚目シングル「最高かよ」で初めてセンターを務める。今年の「第9回AKB選抜総選挙」は80位で初ランクイン。

最終更新:8/5(土) 16:45
東スポWeb