ここから本文です

東海中学総体6日開幕 静岡県内16競技

8/5(土) 11:40配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 第39回東海中学校総合体育大会は6日、静岡県内で開幕し、10日までに16競技を行う。県総体や標準記録突破で全国中学校体育大会(全中)出場が決まっている陸上、水泳、柔道、剣道、相撲を除く11競技は、全国切符を懸けた戦いになる。

 7、8日に行うサッカーは各県から2校が出場し、上位3校が全中へ進む。5年ぶりの東海Vを狙う県優勝の東海大翔洋は、初戦で岐阜2位の大垣星和と対戦。静岡2位の浜松開誠館は、三重1位の四日市三滝に挑む。

 軟式野球は8校が3枚の全国切符を争う。静岡1位の清水四・五が垂井不破(岐阜2位)、同2位の静岡南が伊勢小俣(三重1位)と対戦。7日に1回戦、8日に準決勝、決勝、3位決定戦を行う。

 バレーボールは男女とも各県4校が出場し全中出場は3枠。女子の西遠がV2を狙う。バスケットボールは各県男女2校ずつが出場。昨年覇者の男子の浜松学院は2013年に全中制覇、14年に3位の経験がある。

静岡新聞社